多重債務 解決
Dr.コトー診療所NAVI
『Dr.コトー診療所』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
登場人物
五島健助
ごとうけんすけ

キャラクター解説
主人公。医師。天津堂大学医学部医学科卒業(一説によると2浪)。専門は外科。東京の天津堂大学附属病院に勤めていたが、医療ミスの責任をとって日本本土から船で6時間かかる離島、古志木島にやって来る(ミスで病院を追われてから島に来るまで3年間の空白期間がある。過去にアメリカに滞在していたかのような台詞があったが、空白期間に渡米していたかどうかは、今の所は不明である)。性格は柔和で真面目だが自分のことにはだらしが無い。陸海空の全ての乗り物に弱くてすぐに乗り物酔いして嘔吐する。また、暑がり・寒がりであるがクーラーは苦手、カナヅチでもある。さらにはカップ麺好きが祟って隠れ肥満と、まさに「医者の不養生」というに相応しい人物である。原には「あれで腕が悪かったら、最高に情けねえ人間だな」とまで言われた。しかし、医師としては天才的な腕を持ち、手術道具もろくに無いこの島で、数々の難手術をこなす。島民からは「コトー」と呼ばれ、親しまれている。特に患者を気遣って治療方針を決めるため、口の悪い安藤重男も「すごい(立派な医師である)ヤブ」と些か意味不明ながら賞賛している。赴任当初は頼りなさげな風貌や間の抜けた行動もあり、また、かつて島に居た医者が揃いも揃って「僻地に飛ばされてくるようなロクでも無い医者」であったことから島民らの医者不信が根強く、周囲との関係もギクシャクしていた。しかし、徐々にその人となりに触れ、信頼・理解を深めて行き、今では絶大な信頼を受けている。怪我や病気を治すだけでは無く、精神的なケアも同時に行う為、星野等には「癒師」とも言われており、本人もそれを目指している。祖父の良庵も医師で、ハワイ在住。祖父は五島にとって目標とする存在の一人で有る。父親との関係は悪いらしい。父親も医療に関連する仕事をしてると思われる。当初は星野彩佳に対しては信頼・尊敬するナースと言う意識しかなかった様だが、何時の頃からか大切な存在になっていたと思われる。星野が乳癌であることが分かった後、それがはっきりする様になる。手術後、星野にプロポーズするが、承諾を貰えぬまま、翌日島を出て行く星野を黙って送り出すことになる。
出典:Wikipedia
星野彩佳
仲依ミナ
原健裕
原剛利
内つる子

漫画アニメNAVI
YAWARA! ナニワ金融道 モンキーターン AKIRA め組の大吾 ヒカルの碁 Dr.コトー診療所 魁!!クロマティ高校 アップルシード YAIBA 金田一少年の事件簿 うる星やつら 修羅の門 電影少女 新世紀エヴァンゲリオン GTO 花より男子 MONSTER バガボンド 超獣機神ダンクーガ

Dr.コトー診療所NAVI